木曜日, 11月 21, 2019
ホーム ニュース ゲーム 最後の「FFXV」追加コンテンツ「エピソードアーデン」を紹介。ビル街を駆け抜け過去への復讐を果たす。

最後の「FFXV」追加コンテンツ「エピソードアーデン」を紹介。ビル街を駆け抜け過去への復讐を果たす。

本日3月26日より「ファイナルファンタジーXV」(以下:FFXV)最後となる追加エピソード「エピソードアーデン」が追加されました。価格はSteam版が1000円(税込)、PS4/XBOX One版が972円(税込)となっています。

物語の主な部分は本編から32年前の王都「インソムニア」で進められますが、アーデンがかつてふつうに暮らしていた2000年前や、それ以前の物語も語られています。

ゲーム部分は「FFXV」本編をベースとしていますが、独自の要素も多数加えられており本編とはまた違う体験を楽しむことが可能です。

マップには全部で7つのエリアがあり、これらを全て制圧することが目的となっています。エリアを制圧することで周辺の情報が開示され、さらに敵が弱体化するなどして探索がしやすくなるというUbisoft製タイトルや「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のシーカータワーに近い仕様となっています。

移動面では「シャドウムーブ」と呼ばれる能力を使ってビルの上や街中を自由に駆けめぐれるシステムが存在しており、これによって立体的にマップを探索できます。本編における「マップシフト」をいつでも使えると説明すれば分かりやすいでしょうか。

戦闘システムは基本的には本編と同じく「武器召喚」や「シフトブレイク」を駆使して敵と戦うのですが、「シガイ」の力で敵を一撃で「シガイ化」させ戦闘不能にする能力もあってか雑魚敵との戦闘は比較的スムーズに。さらにHPが0になると凶暴化した状態になり、武器が使えなくなりMP全回復まで最大HPは減少しますが、強力な攻撃を出すことが可能です。

さらに戦闘などで敵を倒したり「シガイ化」させたりすると暗黒粒子が溜まっていき、これを溜めることで「ファントムソード」が増えていきます。本数が多ければ多いほど強力な技が出せ、消費せずに保持しておくことで通常攻撃の力が強まります。さらに時間経過で溜まる「コマンドケージ」を消費すれば神の力を借りた強力な技も繰り出せます。

敵と戦うことで経験値は手に入りませんが、敵を「シガイ化」させることによりAP(アビリティポイント)が手に入り、これを「アクティベーション」と呼ばれる本編における「アビリティコール」のようなもので消費することでステータスの強化や新たな能力を得ることが出来ます。

またマップにはいくつか自動販売機や帽子売り場が存在しています。ここでは効果の違う様々な帽子や回復アイテムを購入することができます。しかし襲撃しに来たにもかかわらず、ちゃんとお金を払って購入するアーデンは律儀ですね。

当DLCを最後に長らく続いてきたFFXVの拡張は一区切りを迎えることが公式放送で明言されています。またFFXV開発チームである「Luminous Productions」(ルミナス・プロダクション)は現在新作に取り掛かっているので、次なる作品がどうなるかも気になりますね。

ちなみにこの物語は全4部作となる予定で、開発中止となった残り3エピソードと合わせて一つの物語になる予定でした。(参考記事) 残りのエピソードは4月25日に発売される小説にて展開されるので、気になる方は小説を購入するといいかもしれません。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事