金曜日, 11月 22, 2019
ホーム 未分類 Googleの定額アプリサービス「Google Play Pass」が登場。ラインアップは350種類以上でゲーム以外のアプリも

Googleの定額アプリサービス「Google Play Pass」が登場。ラインアップは350種類以上でゲーム以外のアプリも

2019年9月24日、Googleがアプリのサブスクリプション(定額)制サービス、「Google Play Pass」を発表しました。サービスは今週米国向けに展開され、それ以外の国は対象外ですが、他の国でも順次サービスが開始される予定となっています。

気になる価格は月4.99ドル。また10日間の試用も可能です。350種類以上の有料アプリなどがラインアップされ、当然ながら利用中はアプリへの追加課金や広告も一切ナシ。更にラインアップは毎月追加される予定とのこと。

これは2019年9月にサービスを展開したAppleのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を意識していると思われます。

ただし独自のゲームが多く並ぶ「Apple Arcade」とは違い、ラインアップは既存の旧作や過去にコンソール機などで発売されたものが中心となっており、Appleへの対抗策としては弱いようにも思えます。

またゲーム以外のアプリなどもラインアップされています。

写真加工アプリ「Photo Studio Pro」
Android向け「テラリア」

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事