土曜日, 11月 23, 2019
ホーム ニュース ゲーム おつかいをしながら放火や放尿に暴力とやりたい放題のFPS最新作「ポスタル4」がSteamで早期アクセス販売開始

おつかいをしながら放火や放尿に暴力とやりたい放題のFPS最新作「ポスタル4」がSteamで早期アクセス販売開始

一部でカルト的な人気のあるオープンワールドFPSシリーズ「ポスタル」の最新作がSteamにて早期アクセス販売を開始しました。価格は2050円(税込)ですが、2019年10月22日まで10%オフの1845円(税込)で購入可能です。なお現時点での対応言語は英語のみとなっています。

※トレイラーには過激な表現や放尿などが含まれているので閲覧注意。

本作の主人公は以前のシリーズと同じくポスタル・デュード。舞台は米国アリゾナ州のエデンシン(Edensin)で、「ポスタル2」のように月曜日から金曜日の間にそれぞれ違う「おつかい」をこなす内容となっています。

マップはオープンワールド形式を採用しており、あらゆるところに放尿したり、ガソリンをかけて市民や建物を燃やすなどやりたい放題のアクションが可能となっています。

なお本作は未完成の「早期アクセスゲーム」であり、開発元は今後のロードマップも公開して改善を予告しています。

まずはバグ修正と最適化、ビジュアルとレベルデザイン、NPCの行動経路などの改善を予定。その他にも「自殺ボタン」なる機能や爆発する車、グレネードなどの武器、犯罪メーターの追加、字幕などの追加も予定していり、正式リリース後にはCo-op機能の実装も予定されているとのことです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事