土曜日, 11月 23, 2019
ホーム ニュース ガジェット ゲームボーイシリーズのみならずゲームギアやネオジオポケットにも対応した互換機「アナローグ・ポケット」が2020年登場。しかもピコピコサウンドの音楽も作曲できる!

ゲームボーイシリーズのみならずゲームギアやネオジオポケットにも対応した互換機「アナローグ・ポケット」が2020年登場。しかもピコピコサウンドの音楽も作曲できる!

米国の互換機メーカー「アナローグ」(Analogue)から画期的な互換機が登場しました。

この「アナローグ・ポケット」(Analogue Pocket)はゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスといったゲームボーイシリーズのみならず、別途販売予定のアダプターでゲームギアやネオジオポケットカラー、アタリ・リンクスとの互換にも対応するというレトロ携帯ゲーム機の全部入りといえるガジェットです。

筐体はゲームボーイを思わせるスタイルですが、中身は現行のテクノロジーが利用されており、リチウムイオンバッテリーを搭載し給電はUSB-Type Cから行われるほか、microSDカードスロットも搭載しています。

液晶は3.5インチで解像度1600×1440ピクセルで、ppiは現行のiPad Proをも大きく凌ぐ615ppi。この液晶はプロレベルの色再現性と輝度を誇り、ダイナミックレンジにも対応しています。

そのほかステレオスピーカーや3.5mmヘッドフォン出力、ゲームボーイの通信ケーブルに相当する端子も搭載。またエミュレーションはソフトウェアではなくハードウェアレベルで実現しているとのこと。

なおmicro sdカードを差し込めるものの、吸い出したROMデータには対応せず、カートリッジが必要です。では何のためにmicro sdカードスロットがあるのかというと、本機には「ナノループ」というシーケンサー/シンセサイザー/サンプラーソフトが内蔵されており、このソフトで音源をインポートするために搭載されています。

このソフトではいわゆる「チップチューン」と呼ばれるレトロなピコピコサウンドの音楽を作る事が可能。因みに同ソフトはAndoroid向けにも配信されています。

気になる発売日は2020年。価格は199.99ドル(約2万2000円)となっています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事