月曜日, 12月 16, 2019
ホーム ニュース インターネット 「N国党」の立花党首が「週刊文春」を提訴。代理人は唐澤貴洋弁護士

「N国党」の立花党首が「週刊文春」を提訴。代理人は唐澤貴洋弁護士

週刊誌「週刊文春」の掲載した『N国・立花党首「ひとり放送局」に詐欺行為の疑い』という記事を受け、「NHKから国民を守る党」(N国党)の立花代表が週刊文春を相手に東京地方裁判所へ提訴することを発表しました。

裁判は立花氏個人を原告とし、唐澤貴洋氏を代理人として慰謝料300万円と弁護士費用30万円、紙面へ謝罪広告を乗せることを請求すると述べました。訴状は本日中にブログに掲載予定とのことです。

唐澤貴洋氏と言えば最近ではインターネットばかりかTVにも度々登場しており、もはや知らない人などほとんどいないであろう有名な弁護士。それ故にネット上では今回の件が大きな話題を呼んでいる一方、「本当は裁判の結果などどうでもよくパフォーマンスの一環なのでは」と指摘する声も上がっています。

因みに立花氏は以前に堀江貴文氏と行った対談にて唐澤弁護士を起用する方針を示しており、「文春を潰す最強の兵器」として期待を寄せていることも明かしていました。

なお会見の様子はニコニコ動画にて生中継されているので、興味のある方はそちらもどうぞ。

マジック安浦
GNN Web News編集長。記事を読んでもらうのが好きです。趣味はオンライン百科事典の編集。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

eleven − 3 =

話題の記事

新着記事