月曜日, 12月 16, 2019
ホーム ニュース ガジェット Ubisoftの音楽ゲーム「ジャストダンス2020」、最も売れたのはSwitch版、二番目はなんとWii版

Ubisoftの音楽ゲーム「ジャストダンス2020」、最も売れたのはSwitch版、二番目はなんとWii版

2009年から毎年新作がリリースされているUbisoftの音楽リズムゲーム「ジャストダンス」シリーズ。日本ではかつて任天堂からWii版、Wii U版が発売されていたことを覚えている方もいるのではないでしょうか。

そんな本シリーズは多種多様なハードにも対応していることが知られており、Nintendo SwitchやPS4,Xbox Oneなどの現行ハードに加えて未だにWiiでもリリースされていることが知られています。ただし2020年バージョンをもってWii版は最後になるとの報道がなされています。

そしてつい先週の2019年11月5日に2019年版の「ジャストダンス2020」がリリースされたのですが、なんと驚くことに英国でWii版が二番目に売れるという珍事が起こっていることを海外ゲームメディア「Gameindustry.biz」(ゲームインダストリー・ビズ)が明かしました。

同メディアによれば最も売れたのはNintendo Switch版で55%、次いでWii版が21%
これはPS4の14%やXbox Oneの10%よりも高い数字となっています。

Wiiといえばご存知2006年に発売された任天堂のゲーム機。その独特のコントローラー「Wiiリモコン」で普段ゲームをしない層すらも取り込み大ヒットし、そのノウハウはSwitchのJoy-Conにも生かされています。

既に任天堂自身も販売や製造を終え、ネットワークサービスも終了したハード(サポートは2019年11月時点でも継続中)にも関わらず未だに決して少なくない市場があるというのは驚きです。

マジック安浦
GNN Web News編集長。記事を読んでもらうのが好きです。趣味はオンライン百科事典の編集。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

14 + 18 =

話題の記事

新着記事