金曜日, 12月 13, 2019
ホーム ニュース クルマ ローポリゴンなデザインのテスラの新型ピックアップトラック「サイバートラック」が公開

ローポリゴンなデザインのテスラの新型ピックアップトラック「サイバートラック」が公開

まるで昔のゲームの3Dモデルのよう。

電気自動車でお馴染みのテスラが2019年11月22日、奇抜なデザインのピックアップトラック「サイバートラック」(Cybertruck)をお披露目しました。

全てがカクカクの面で構成されたそのデザインはまるでスーパーファミコンの「スターフォックス」や「ワイルドトラックス」などに出てくるローポリゴンな乗り物を思い起こさせます。

案の定海外でもそのような反応は多く「やっぱりみんなそう思ってたんだ!」と、思わず笑みが溢れてしまいました。

ボディ部分は究極の耐久性を誇るという「超硬30X冷間圧延ステンレス鋼」で構成されており、ガラスは装甲ガラス。見た目どおり硬さは抜群のようです。

もちろん見た目だけではなく実用性も考慮されており、アウトドアでの使用を想定したオプションパーツや6席の全シート、2列目シートの下にも収納スペースが備えられているほか、14,000ポンドの牽引能力を持ち、トレーラーも牽引できます。

シートの構成が3×2なのはホンダがかつて販売していたキワモノカー「Edix」(エディックス)を思い出します。ダッシュボードに備え付けられているのは新しいユーザーインターフェイスを備えた17インチタッチスクリーン。

因みにこの車載システム向けに「カップヘッド」や「フォールアウトシェルター」が移植されており、じきに遊べるようになるそうです。

この奇抜なサイバートラックは2021年より量産予定で、価格は39,900ドルからとなっています。

William Davenport
英国ブリストル出身。両親の仕事の関係で千葉で10年間暮らしていたこともある。好きな日本食はうどん。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

twenty + 15 =

話題の記事

新着記事