金曜日, 12月 13, 2019
ホーム ニュース ゲーム 「エースコンバット7」の新たな設定が公開。巨大潜水艦「アリコーン」がいかにしてユークトバニア連邦共和国の手から離れたか語られる

「エースコンバット7」の新たな設定が公開。巨大潜水艦「アリコーン」がいかにしてユークトバニア連邦共和国の手から離れたか語られる

「エースコンバット」シリーズの主な舞台となる架空世界「ストレンジリアル」には現実の世界同様に歴史が存在し、主要シリーズのホームページには本編の世界観をより深く掘り下げた「ワールドニュース」という読み物も存在しています。

今回新たに公開されたのは作中世界で有名なミリタリー雑誌、「THE FRONTLINE」(ザ・フロントライン)2012年4月号の巨大潜水艦「アリコーン」にまつわる記事。この記事ではアリコーンが建設された経緯や、何故ユークトバニアが同艦を破棄したのかが詳細に描かれているほか、作中世界のコングロマリット(企業複合体)「ゼネラルリソース社」が力を増していく様子が伺えます。

時系列的には2012年ですので「5」と「6」の間。アリコーンの他にも「7」ではあまり触れられていない「6」の国家や「X」の国家にも少しだけ言及されています。

本作の世界観をより深く知ればストーリーをより深く楽しめること間違いなしですので、興味のある方は公式ホームページにて是非ご一読ください。

マジック安浦
GNN Web News編集長。記事を読んでもらうのが好きです。趣味はオンライン百科事典の編集。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

nine + nineteen =

話題の記事

新着記事