月曜日, 12月 16, 2019

「ポケモンカフェ」に「モルペコ」と「マタドガス」をイメージした新メニューが登場。さらにガラル御三家のメニューも好評につき延長

ポケモンの公式カフェテリアである「ポケモンカフェ」に2020年1月18日(土)〜2020年3月19日(木)の期間限定で新たなメニューが追加されます。 まずひとつ目は煙突のようでありながら、どこか紳士的な見た目でおなじみのガラルマタドガスをイメージした「マタドガス(ガラルのすがた)かがくへんかガスパンケーキ」 白い「かがくへんかガス」は綿菓子でできているそうで、「ブルーベリーソースに溶かしてみると…かがくへんかしちゃうかも!?」とのこと。知育菓子的な感じでしょうか?価格は1,480円(税込)。 続いては第8世代におけるピカチュウ的存在なポケモン、モルペコをイメージした「モルペコのぺこぺこWソースオムライス」

【デマ】「プレイステーション5 (PS5)」の価格や詳細な発売日は現時点では公式にアナウンスされておらず不明。本体とされる画像も非公式の予想図

「プレイステーション5(PS5)の発売日が決定」というデマが本日2019年12月16日の早朝ごろよりTwitterの一部などで拡散されていますが、結論から言うとこれはデマです。 まずソニーから公表されているPS5の情報は、現時点では正式名称とオンラインメディア「WIRED」(ワイヤード)を通じて公開されたいくつかの仕様、そして大まかな発売時期(2020年年末商戦機)のみで、本体の画像や詳細な発売日は公表されていません。 そもそも発売日が正式に決定したのであれば、プレイステーション公式側がそのことを告知しないはずがありません。 そして該当記事にてPS5の本体とされている画像の元を調べると、ポルトガル語圏のYoutubeチャンネル「ザ・エネミー」(The Enemy)が昨年2018年10月10日に投稿した動画のサムネイルに行き着きます。 https://youtu.be/7vunzlyUAeo

美しい対馬の自然や戦いが描かれる『Ghost of Tsushima』の新トレイラー「冥人(くろうど)」がお披露目。ストーリーや設定も公開

2019年12月13日、SIEとサッカーパンチプロダクションが開発中のオープンワールド時代劇アクション「ゴースト オブ ツシマ」の新たなトレーラーが公開されました。 主人公である境井 仁(さかい じん)は武士の道から外れ、冥府から蘇りし「冥人」(くろうど)となって誰も歩まざる道を進み、対馬を敵の手から解き放つべく戦います。 https://youtu.be/nYuXeMS8Pdw また新たにストーリーや設定も公開されています。

「トロピコ6」の新たなDLC「ラマ・オブ・ウォールストリート」が配信。新マップや社会保障を強化するアップデートも

オオカミではなくラマ! 2019年12月6日、「トロピコ6」に初となる追加DLCである「The Llama of Wall Street」(ラマ・オブ・ウォールストリート)が配信されました。お気づきの方もいるでしょうが、この題名は映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のパロディです。 なおこの発表はSteam向けであり、PS4版に関するアナウンスは今のところありません。 https://youtu.be/gMibIM72tFw

「Nintendo Switchを3台壊しました」、あるブログの投稿にネットで批判が集まる

──小学生の息子ふたりに騙されました。その報復として、3台の任天堂スイッチを破壊! 破壊されたNintendo Switchの写真と共にそう綴られた七里信一氏のブログの記事にSNSやはてな上で大きな批判が寄せられている。 画像は氏のブログより。 Nintendo Switchを破壊したことや氏の教育方針についてもそうだが、後で弁償したとはいえ友人の所有物を破壊したことも批判の的になっており、厳しい言葉も多く寄せられている。だがその一方で本の宣伝リンクも記事内に貼られており「炎上商法」の可能性も一部ユーザーから指摘されている。 なぜ七里氏がSwitchを破壊するに至ったかの経緯についてはブログで説明されている。

ドバイ警察が「サイバートラック」を2020年に導入

※ちなみにサイバートラックの量産は2021年から。 ドバイ警察は、なにかと話題に事欠かない「サイバートラック」を2020年より採用することを公式Twitterアカウントにて発表しました。因みにこの画像はドバイ警察お手製のコラ画像です。 https://twitter.com/DubaiPoliceHQ/status/1199379704266014735?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1199379704266014735&ref_url=https%3A%2F%2Fjapanese.engadget.com%2F2019%2F12%2F02%2Fcybertruck-2020%2F ドバイ警察と言えば、マクラーレンの「MP4-12c」やブガッティの「ヴェイロン」などを本当にパトカーとして導入していることが知られています。まさにリアル・ニード・フォー・スピード!

【デマ】「エースコンバットZERO」のリメイクとされる画像は海外掲示板で作られたファンアート

一部で「『エースコンバット ZERO』のリメイク版が次世代機向けに製作中」という話題が広まっていますが、これは海外掲示板「Reddit」に投稿されたファンアートを使ったデマです。 この画像は2019年11月24日に建てられた「エースコンバット ZEROのブリーフィングのUIを7のモダンで3Dな見た目に作り直した」というスレッドに投稿されたもので、「ファンメイド」のタグもつけられています。 また画像をよく見ると分かるのですが、南ベルカが「ノースオーシア州」としてオーシア連邦に割譲されている1995年6月20日以降の地図になっているほか、作戦の日時が2022年4月25日(ZEROの時代設定は1995年)となっているなど、明らかに不自然な部分が見られます。 画像の完成度は高く、何も知らなければリメイク版だと思っても不思議ではありません。しかしデマはデマですので、うっかり拡散してしまった方は削除してデマであることを周知しておきましょう。

「シン・ウルトラマン」のデザインとロゴが公開。庵野氏がこのデザインになった理由も語る。一部では「孤独のグルメ」のあの人に似てると反響

「エヴァ」で有名な庵野秀明氏が脚本と企画を手掛け、特撮の大御所である樋口真嗣氏監督を務める「シン・ウルトラマン」のビジュアルとロゴが初公開されました。 このウルトラマンは胸に存在していた「カラータイマー」が存在していないのが特徴で、デザインは成田亨氏が1983年に描いた絵画「真実と正義と美の化身」を基にしているとのこと。 成田氏は「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などで美術面をを手掛け、その後の「ウルトラマンシリーズ」の世界観の構築に大きな功績を残した人物として知られています。

次世代Xboxの正式名称が「Xbox Series X」に決定。8K/120fpsに対応し互換性も完備した全部入りXbox

本体は衝撃的な縦長スタイルに! 以前より「Scarlet」(スカーレット)のコードネームで呼ばれていた次世代Xboxの正式名称が「Xbox シリーズ X」(Xbox Series X)と発表されました。 https://youtu.be/0tUqIHwHDEc マイクロソフトは本機を「これまでで最速かつ最も強力なコンソール」と称しており、パフォーマンスではXbox One Xの約4倍の処理能力を実現しています。そのパワーは最新のAMD社製Zen 2...

「ゼルダの伝説 ブレスオブ ザ ワイルド」のラスボスである厄災ガノンを一瞬で倒す裏技が発見。ある仕様を利用

発売から2年以上が経過した2019年においても新たな発見がされている「ゼルダの伝説 ブレスオブ ザ ワイルド」には驚かされます。 今回発見された裏技は、なんとラスボスである「厄災ガノン」の第一形態を一瞬で葬るというもの。厄災ガノンはラスボスに相応しく強力な攻撃でプレイヤーを阻む、まさに最後の関門と言える存在。 しかしそんな厄災ガノンもこの裏技の前には歯が立ちません。動画では戦うまでもなく一瞬でガノンが葬られてしまいます。 https://youtu.be/zJ_aO0WQQ2k どういう理屈なのかというと、カットシーンでも当たり判定が存在することを利用しています。まず作中最も強力な矢である「古代兵装・矢」を同じく同作最強である弓の「獣神の弓」で放ち、ガノンの出現ポイントに矢が飛んだところで戦闘に突入します。

クルマでバトロワ!?「Forza Horizon 4」に新ゲームモード「エリミネーター」が登場

「フォートナイト」や「Apex Legends」などのバトロワゲームの人気は凄まじいですね。あの「コールオブ・デューティ」や「バトルフィールド 」にもバトルロイヤルが導入されるほどですから! そんなブームに影響された(?)のか、オープンワールドレースゲーム「フォルツアホライゾン4」にもバトロワモード「エリミネーター」(Eliminator)が登場を果たしました。 https://twitter.com/ForzaMotorsport/status/1204845808732065792 なんと同モードでは最大72人のプレイヤーが参加可能。これは本編レースの12台の6倍の数字です。

マクドナルドの商品画像はCGで作られていた。3DS MaxとZbrushを駆使して作成

広告写真などで映されている食べ物は美味しそうな“画”にするために様々な工夫が凝らされていますが、最近のマクドナルドではなんと商品写真の食べ物自体がCGで作られているという衝撃的な事実が明かされています。 このプロダクトショットを手掛けたCGクリエイターのMonkeys氏によるメイキング映像によれば、これらの食べ物は全て3DCGソフト「Zbrush」や「3DS Max」上で作られているとのこと。 https://vimeo.com/253986205 ポテトやビッグマックなどはZbrushを用いて作られていて、質感はノイズメーカーで設定しています。