土曜日, 11月 23, 2019

ゲーム

九龍城を再現した内装でお馴染みのゲームセンター「ウェアハウス川崎」が2019年11月17日をもって閉店

その九龍城を再現した内装が印象的で「電脳九龍城」の名で親しまれていた神奈川県川崎市のゲームセンター「ウェアハウス川崎」が2019年11月17日の23時45分を持って閉店することが明らかになりました。 https://twitter.com/warekawasaki/status/1183995538468794369 閉店理由は公式には明かされず 閉店の理由は「諸般の事情」とされており、詳しい事は公式には明かされていませんが、問い合わせを行ったTwitterユーザーの1人によれば「テナント側との契約により閉店せざるを得ない状況で、売上とは無関係」とされています。(ツイート) ウェアハウス川崎について

おつかいをしながら放火や放尿に暴力とやりたい放題のFPS最新作「ポスタル4」がSteamで早期アクセス販売開始

一部でカルト的な人気のあるオープンワールドFPSシリーズ「ポスタル」の最新作がSteamにて早期アクセス販売を開始しました。価格は2050円(税込)ですが、2019年10月22日まで10%オフの1845円(税込)で購入可能です。なお現時点での対応言語は英語のみとなっています。 ※トレイラーには過激な表現や放尿などが含まれているので閲覧注意。 https://youtu.be/GwJvfAtmdzw 本作の主人公は以前のシリーズと同じくポスタル・デュード。舞台は米国アリゾナ州のエデンシン(Edensin)で、「ポスタル2」のように月曜日から金曜日の間にそれぞれ違う「おつかい」をこなす内容となっています。 マップはオープンワールド形式を採用しており、あらゆるところに放尿したり、ガソリンをかけて市民や建物を燃やすなどやりたい放題のアクションが可能となっています。

Nintendo Live 2019は予定通り開催。台風19号により開催が危ぶまれていたが無事開催。Webにてステージイベントの中継も

任天堂が2019年10月13日から14日の間、地元の京都にて開催するゲームイベント「Nintendo Live 2019」が国立京都国際会館にて無事開催されました。入場は無料です。 開催の前の週に発生した台風19号の影響で当初は開催が危ぶまれていましたが、開催予定時間と一部イベントを中止する形でなんとか無事開催されるに至りました。 https://twitter.com/NintendoJPevent/status/1182160996246245376 本イベントでは発売前の「リングフィット アドベンチャー」や「ルイージマンション3」、「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング」などのタイトルが試遊できる他、「あつまれ どうぶつの森」や「ポケットモンスター ソード/シールド」のフォトスポット、「スプラトゥーン2...

「遊戯王」のカードが10000種類を突破した記念としてカード全種を展示するイベントを開催

圧倒的なカードの種類。 「世界で最も販売されたトレーディングカードゲーム」としてギネスにも登録されている「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ(遊戯王OCG)」のカードが10,000種を突破したことを記念し、コナミは2019年10月21日から全てのカードを展示するイベントを順次開催します。 開催されるのは東京、大阪、名古屋の3都市で、10月21日〜24日が大阪、11月5日〜7日が名古屋、意外にも東京での開催は一番最後で、11月18日から24日の予定となっています。 またコナミスタイルにて「ブラック・マジシャン・ガール」のステンレス製スペシャルカードが10000個限定で抽選販売されます。このカードは全てにシリアルナンバーが入っているため、オンリーワンの1枚となっています。

マイクロソフトが解雇されたSIE欧州部門の社員を雇用する意思を見せる。マーケティング部門のゼネラルマネージャーのツイートより

海外のゲーム情報サイト「ビデオゲーム・クロニクル」が、ソニーのゲーム部門であるSIEがロンドンの「ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント ヨーロッパ」(SIEE)から数十人規模のスタッフを解雇したと報じられました。 また同メディアよれば、SIEは昨年ごろよりアメリカにある本部の影響力が増しており、本部にいくつかの支社のマーケティング部門などの機能を集約させようとしていることが明らかにされました。 https://twitter.com/JC_Art_/status/1181606734713901057 「プレイステーションのサービスチームとして働いていたけど今日解雇されたよ。現在求職中。もし仕事があるなら紹介してほしい!」 これを受けマイクロソフトのXboxのマーケティング部門のゼネラルマネージャー(総括部長)であるアーロン・グリーンバーグ(Aaron Greenberg)氏が解雇されたスタッフに向け、シアトルで複数の求人を用意していることをTwitterにてツイート。彼らを雇用する意思を示しました。 https://twitter.com/aarongreenberg/status/1182013477310943235

ソニーの次世代ゲーム機の名称が「プレイステーション 5」 に正式決定。2020年の年末商戦期に発売

唐突すぎる発表。SIE(ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント)が次世代ゲーム機、「プレイステーション 5」 を2020年の年末商戦期に発売することを発表しました。 詳細な本体の画像は現時点で未公開ですが、コントローラーの振動機能の強化やL2・R2ボタンの進化などのイノベーションが盛り込まれるとのこと。またその他の詳細スペックについては以下の通り。 追記:詳細スペック ■ハードウェア概要◯コンソールゲーム機本体・超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載・AMD社製カスタムチップ搭載・CPU: x86-64-AMD Ryzen “Zen2", 8 cores/16 threads・GPU:...

「カービィ」シリーズでお馴染みのHAL研究所が贈る歩数で勝負するユニークなゲーム「カメさんぽ」が本日リリース

HAL研究所のモバイル向けゲームブランド「HAL EGG」の第二弾、「カメさんぽ」が本日2019年10月8日にリリースされました。対応端末はiOSとAndroid。 App Storeからのダウンロードはこちら。Google Playストアからのダウンロードはこちら。 https://youtu.be/tghm-ccCKRk この「カメさんぽ」は歩数を使って毎日1回「カメ」と勝負するというもの。カメは歩数で勝利すれば「トモダチ」になって図鑑に登録され、代走を頼めるようにもなるとのこと。 なお歩数計測が可能な端末でないと動作しないとのことですが、歩数はiOSの「ヘルスケア」アプリやApple...

10月13日〜14日に開催予定の「Nintendo Live 2019」が台風の19号の進路次第で中止になる可能性。公式が告知

2019年10月13日〜14日に任天堂の地元である京都にて開催予定の「Nintendo Live 2019」が、台風の19号の進路次第で中止になる可能性が告知されました。なお中止の場合はこの公式アカウントにて告知するとのことです。 https://twitter.com/NintendoJPevent/status/1181140760294350848 台風19号は935hpaとかなりの強さを持っており、12日から13日に関西付近、もしくは四国、九州にに到達する見込みとのことで、警戒するよう呼び掛けられています。 https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/1181381123324010497 https://twitter.com/JMA_bousai/status/1181089020387811329

「ドンキーコング」をめぐる裁判で任天堂を救った弁護士、ジョン・カービィ氏が79歳で死去

任天堂とユニバーサル映画との「ドンキーコング」をめぐる裁判で任天堂を危機から救った弁護士、ジョン・カービィ氏が2019年10月2日に死去していたことがニューヨーク・タイムズの記事にて明らかになりました。 彼は米国で1960年代に起きた公民権運動でも活躍を果たしましたが、彼の仕事で最も有名なのは、1984年に任天堂とユニバーサルとの間で起こった「ドンキーコング」をめぐる裁判でしょう。 この裁判はユニバーサルが「ドンキーコングが映画『キングコング』の著作権を侵害している」とし、任天堂に損害賠償を求め訴訟を起こしたもの。 米国任天堂のハワード・リンカーン氏は当初は和解金を支払い決着をつけようとしましたが、一転しユニバーサルと戦うことを決意。その際に抜擢されたのがカービィ氏でした。 カービィ氏はゲームと映画の違いについて説明し、ドンキーコングの開発と完成に至る経緯について宮本茂氏の供述書と共に説明、さらにオリジナルの「キングコング」(1933年版)に関する版権は既にパブリックドメイン(著作権切れ)となっており、ユニバーサル映画はそもそも「キングコング」の権利を所有しておらず、無許可で1976年版「キングコング」を制作していたことが判明、結果的にユニバーサル映画側の訴えは退けられることとなります。 しかし物語はここで終わりません。今度は任天堂側が「ユニバーサル映画が同訴訟を提起したことは『ドンキーコング』の名誉を毀損した」として反訴、ユニバーサル側も反訴を行いましたが、カービィ氏の活躍により任天堂側の主張が1986年に認められ、ユニバーサル映画は約160万ドルの損害賠償を任天堂に支払うこととなります。

「レッド・デッド・リデンプションズ 2」のPC版が11月5日に発売。Steam版も

ロックスター・ゲームズのオープンワールドアクション「レッド・デッド・リデンプションズ」が11月5日にリリースされることが明らかになりました。 海外メディアGamespotによれば、PC版は海外時間10月23日よりEpic Games Store、Green Man Gaming、Humble Storeなどの様々なストアで予約が開始されるとのことです。 またロックスター・ゲームズの公式ページによれば12月中にSteamでも購入できるようになるとのことです。 https://twitter.com/RockstarGames/status/1180129407710715905

スクウェア・エニックスに脅迫しイベントを中止させた男が逮捕。同社への脅迫で逮捕されたのは今年で3人目

2019年10月4日、スクウェア・エニックスに「殺してやろうか?」といった脅迫メールを送った男が警視庁に逮捕されました。 逮捕された男は宮崎県新富町に住む介護福祉士である神田悠斗容疑者(25)。NHKの報道では神田容疑者は8月に6度に渡ってスクウェア・エニックスに脅迫メールを送りイベントを中止させた疑いを持たれており、警視庁の取り調べに対して容疑を認めているとのこと。 中止に追い込まれたイベントは2019年8月下旬に開催される予定だったアーケードゲーム「星と翼のパラドクス」のイベント「翔握戦2019 #3 #4」と見られ、公式ホームページにも脅迫があったこと、そして万が一の際を考えイベントを中止した旨が掲載されています。 なお公式ホームページにこの発表が掲載されると神田容疑者は態度を一変し、「本当に反省しています」などと謝罪のメールを繰り返し送っていたと警視庁は明らかにしています。

幻の任天堂とソニーが共同開発していた「ニンテンドープレイステーション」が売り出される可能性。オーナーがTwitterで購入者を募る

かつてスーパーファミコンのCD互換機として任天堂とソニーが共同開発していた「プレイステーション」。 結局共同開発はのちに鎮座し、ソニー独自で開発された「プレイステーション」が世に放たれたのですが、なんとこの「ニンテンドープレイステーション」は200台あまりが生産されており、幾らかは現存しています。 その所有者の一人であるテリー・ディーボルド(terry diebold)氏は2015年にYoutubeにて同機を紹介するビデオを投稿したこともあるのですが、なんと今回Twitterにて購入者を募るツイートを投稿し、競売の可能性を示しました。 https://youtu.be/dCV6RusogAk https://twitter.com/terry51d/status/1179396196558888963?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1179396196558888963&ref_url=https%3A%2F%2Fnews.denfaminicogamer.jp%2Fnews%2F191003c