土曜日, 11月 23, 2019
ホーム ニュース インターネット

インターネット

長らく「happyon.jp」だったHuluのURLが「Hulu.jp」に戻る。理由は明かされず不明

2017年のリニューアル以降から「happyon.jp」というドメインに変更されていた月額制映像配信サービス「Hulu」のドメインが9月3日より再び「hulu.jp」に戻っていたことが明らかになりました。 以前に変更された際は「Huluとの契約が切れて違うドメインを使うことになったのでは」といった憶測がネットで飛び交いましたが、Huluを運営する日テレは「システム移行時に同じドメインのまま移行する際にリスクがあるため、別ドメインを使用することとした。今後もっとHuluを楽しく使ってもらい『生活をhappyに』という意味をこめて『happyon』というドメインにしている」と答えていました。 なおhappyon.jpにアクセスした場合、自動でhulu.jpにリダイレクトされるのでブックマークなどの変更は必要ありません。なお名称が戻った理由については明かされていません。 https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

PS2をポータブル化した猛者が海外掲示板に現れる。長い期間をかけ制作

英語圏のインターネット掲示板「Reddit」にて、携帯機版PS2「PIS2」を自作したユーザーが現れました。 この携帯機版PS2を制作したのはダークウィングモッド(darkwingmod)氏。彼は長い期間をかけこの「PIS2」を完成させたと語っています。 本機は「ラズベリーパイ」(Raspberry Pi)と呼ばれる安価なシングルボードコンピューターをベースに作られており、ゲームはイーサネットポートを経由することで読み込まれています。 バッテリーは6.5vで充電にも対応、またPS2用のメモリーカードの差込口も搭載し、スロット1に外部メモリーカードを差し込むことによってTV向け設定と携帯向け設定を「スイッチ」できるとのこと。 https://youtu.be/BO0YPL48tpQ

「ディビジョン2」にて「ポルス」という謎の単語が書かれたパトカーが追加。その理由は

ユービーアイソフトのオンラインゲーム「ディビジョン2」内のワシントンD.Cにて「POLCE」(本来であればPOLICE)という謎の文字列と「O」の部分に笑顔が書かれたパトカーが今月追加されました。なおこのパトカーは水曜日にしか出現しないとのこと、 このパトカーを早期に発見した人物であるSteelRampage77(スティール・ランページ)氏は米メディア「KOTAKU」の取材に対し「見つけるのに2時間10分もかかった、楽しかったけど目がめちゃくちゃ疲れたよ」と興奮気味に語っています。 https://twitter.com/steelyrampage/status/1164170113790238720 ところでこのパトカーは一体何なのかと疑問に思った方も多いでしょう。このパトカーは昨年2018年8月のGamescomにて公開された同作のトレーラーにて写り込んでいたものなのです。

「大物Youtuber」ことSyamu氏の引退理由は嫌がらせによるもの。ゆゆうた氏が明かす

8月21日、突如引退を表明した「大物Youtuber」こと Syamu氏の引退理由が、以前から氏と親交のある「ゆゆうた」氏によって明かされた。 ゆゆうた氏によれば、Syamu氏の引退理由は氏に直接的な嫌がらせが多発し、それが氏と関係ない人達にまで及んだからとのことで、ゆゆうた氏は Syamu氏への嫌がらせ行為について批難している。 https://twitter.com/hukkatunoyuyuta/status/1164093690295382016 Syamu氏は今回の件をもって「完全引退」するようだが、ゆゆうた氏とのやりとりは続ける意向を示している。 https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

「元YoutuberのSyamu氏が『NHKから国民を守る党』(N国党)に入党する」という噂がネットで流れるも氏はこれを否定する。

8月21日に突然の引退を表明した「大物Youtuber」として知られるsyamu_game(シャム・ゲーム)氏。そんな氏が「NHKから国民を守る党」(N国党)に入党するのではないかという憶測がネットの一部で飛び交っている。 この噂は同党がネットの有名人を擁立しようとしていること、そして以前Syamu氏と交流があった衆議院議員の丸山穂高氏が同党に入党したことや、穂高氏のツイートに由来するものなのだが、前述の通りあくまで憶測であり、確たる根拠はない。 そこで筆者は噂の真相を確かめるべく、Syamu氏が引退前に公開していたメールアドレスにこの件について問い合わせたところ、氏から以下のようなごく短い回答が得られた。 「そのような事実はございません」 正直なことを述べると「やっぱりな」と言った感じである。そもそも Syamu氏は以前に丸山穂高氏のTwitterアカウントのフォローを外しており、それ以降の交流は無くなっている。それに氏はおそらく政治の世界に入ることを望んではいないだろう。 https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

「大物Youtuber」として知られるsyamu_game氏が突如引退を発表。チャンネルも削除

本日8月21日、「大物Youtuber」として知られるYoutuberのsyamu_game(シャム・ゲーム)氏が突如引退することをTwitterにて発表した。 既にYoutubeチャンネルや下記の引退ツイートを除くすべての氏の活動記録が削除されているのが確認されている。 https://twitter.com/syamu_net/status/1163968472503635968 syamu氏は2014年8月に投稿したオフ会動画をきっかけに注目され、ニコニコ動画の一部で人気を浴びるが、2014年末にYoutuberを引退する。その後数年の間にネットミームとなり、昨年2018年1月に代理人を通して数年ぶりにTwitterに動画を投稿した際や、同年11月に活動を再開した際は大きな話題となった。 しかし復活直後は大きな話題となっていたものの、翌年2019年初頭にはトラブルを頻発、この前後から人気は急落し、同年6月に株式会社R11RからTシャツが販売されるもあまり話題にならず、さらに8月11日のsyamu氏がオフ会を行った日もTwitterのトレンドにすら入らない状況だった。 その強烈な個性でネットミームにまでなったsyamu_game氏だが、その最後はあまりにもあっさりとしたものだった。最近に入ってトレンドにすら入らなかったsyamu氏だが、皮肉にも引退の発表は大きな話題を呼び、Twitterのトレンドにまで入っている。氏はまた引退後に人気が爆発するのだろうか?

無断でゲームの音楽をアップロードしていたYoutubeチャンネルが任天堂からの著作権申立により閉鎖予定。9年近くに渡り活動

膨大な数のゲームの音楽を載せた動画を掲載し、2010年代前半から9年近くに渡って活動していたYoutubeチャンネル「ギルバ・サナー」(GilvaSunner)が先日8月14日、Youtubeチャンネルを近く閉鎖することを発表しました。 チャンネル所有者のTwitterによれば、先日14日ごろに任天堂から多数の著作権の申し立てがあり、100件以上の動画が削除されたとのこと。 https://twitter.com/GilvaSunner/status/1161315671839522816 https://twitter.com/GilvaSunner/status/1161576972327292929 このようなゲーム音楽を転載した動画はYoutubeでは古くから存在し、ゲームを起動することなく音楽を聴ける手軽さもあってか広く普及しています。とは言え著作権的には限りなく黒ですので、今回の任天堂の対応は当然と言えば当然でしょう。

海外の有名ストリーマー「Ninja」氏のチャンネルにて勝手にポルノの宣伝がされ本人が苦言。Twitch側は“新機能の実験”だったと弁明し謝罪

つい最近、Amazonが運営する配信プラットフォーム「Twitch」からマイクロソフトの「Mixer」へと移籍した海外のゲーム配信者Ninja(ニンジャ)氏。 彼のTwitchのチャンネルはMixerへの移籍後も残され、1400万人ものフォロワーが残っていたのですが、そのチャンネルにて突如無関係のチャンネルやポルノなどが表示されるという事件が発生しました。 これを受けてNinja氏はポルノの宣伝を見てしまった人に向けて謝罪動画を投稿、また「私のチャンネルで他人の動画を宣伝しなければこんなことにはならなかった」とTwitch側に苦言を呈しました。 https://twitter.com/Ninja/status/1160635604507471872 なおこれを受けてTwitchのエメット・シアー(Emmett Shear)CEOは「これはオフライン状態の配信者のユーザーページにて推奨コンテンツを表示する新機能の実験を行っている」と弁明、また「Ninja氏に直接謝罪したい」と述べました。

インターネットの有名人「いらじ」氏の”なりすまし“アカウントが出現。次第に壊れていく設定やその破天荒な投稿がコミュニティの一部で笑いを誘う

2017年初頭(アーケードゲームの界隈などを騒がせてきた過去や、旧2ちゃんねるでハンドルネームをつけていた時期を含めれば実に10年近く前から)インターネットを騒がせてきた「いらじ」(桜ありす)氏を名乗る「なりすまし」アカウントがインターネットを騒がせている。 突如現れたアカウント 氏は今月8月7日に両親からネット上での活動を停止するように要請され、やむなく氏PawooとPixivのアカウントを削除しインターネットでの活動を停止する。しかしその翌日の8月8日、氏を名乗るPawooのアカウントが5ちゃんねるの住民により発見され、コミュニティは騒然となった。 氏を名乗るアカウントは両親に対する愚痴や、身の回りで起きたとされる事を投稿し、両親の言うことは聞かないと宣言する。この氏のアカウントは本物ではないかという意見も見られたが、顔文字のボキャブラリーが乏しいことなどの氏らしくない点もあり、当初はコミュニティの間でも意見は分かれていた。 代引きをされたこと、両親への愚痴を書き連ねている。

インターネットの有名人「いらじ」氏が引退を宣言しPawooとPixivのアカウントを削除。偽物が現れ騒ぎになるも本人の行方は人知れず

2017年初頭からインターネットを騒がせてきた「いらじ」(またの名を「桜ありす」)氏が自身のPawooとPixivアカウントを削除し、事実上ネットでの活動を停止したことがインターネットの一部界隈で話題となった。 Pawooはイラストコミュニティサイト「Pixiv」が運営するマストドンのインスタンス(サーバー)であり、氏が2019年7月にTwitterアカウントが凍結されてからは再びこちらで活動を続けていた。 活動停止までの流れ 氏は活動停止の数日前より両親からネットでの活動を辞めるよう言われていたことを明かしていたが、「原因は相手側(氏について語るネットコミュニティ)にある」として当初は両親の要求を拒否していた。 しかし8月7日の昼ごろには活動を終了することを宣言、当初はコミュニティも「どうせすぐに復活する」と懐疑的な味方をしていたが、翌8月8日にはPawooとPixivのアカウントが削除されているのが確認され、コミュニティを大いに驚かせた。

「ギアーズオブウォー」シリーズ最新作「Gears5」に元米任天堂社長のレジー氏の有名なセリフが実績名として登場

今年4月15日に引退するまでの約15年もの間、米任天堂の社長兼CEOを務めた通称「レジー」「レジーコング」ことレジナルド・フィサメイ氏。 そんな氏の海外インターネットで有名なセリフ「My body is ready」がなんとマイクロソフトの人気シリーズ「ギアーズオブウォー」最新作である「Gears5」の実績名として登場することが明らかになりました。 レジー氏はこのことに感謝を述べるとともに、その実績が解除されるところを見せて欲しいと希望するツイートを投稿しました。 https://twitter.com/Reggie/status/1159886766037336064 My...

「コミケ」の運営組織が京都アニメーション放火事件に対し「改めて何かを行ったりはいたしません」と言及。募金を装った詐欺に注意

本日8月7日、コミックマーケット(コミケ)の運営元である「コミックマーケット準備会」が京都アニメーション放火事件について言及しました。 それによれば今回の事件に対し、ショックを受けていることを踏まえつつも、支援の体制も整いつつあることを理由に、コミックマーケット96当日に京都アニメーションに対し何かを行ったりはしないとのこと。つまりコミックマーケット運営を名乗っている募金は確実に詐欺ですので気をつけましょう。 全文 最初に今回の事件の被害に遭われて亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた皆さまの一日も早い回復を願っております。また、ご家族や関係者の方々へ心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。京都アニメーションさんは、以前より企業ブースにも出展され、コミックマーケットともご縁のある会社でもありましたので、今回の事件につきましては、一層のショックをもって受け止めているところです。先日京都アニメーションさん自らによる募金の窓口が置かれ、支援の体制も整いつつあることから、コミックマーケット96当日に改めて何かを行ったりはいたしません。既に多くの方が行動されているかと思いますが、コミケットの参加者の皆さんも各のやり方で応援していただけたらと思います。大切なことは、いつまでも色褪せない作品の数々を忘れないこと、それを見続けていくこと、語り継いでいくこと、遠くない未来に新しい作品が生まれることに希望を持ち続けること。それが「京アニ」の作品に心惹かれた私たちにできることだと思います。そしてまた、次の曲が始まることを願って---。 コミックマーケット96は有明・東京国際展示場 (東京ビッグサイト)にて2019年8月9日(金)~12日(月) の間に開催予定です。