水曜日, 12月 11, 2019

おもちゃ

「いらすとや」風のスター・ウォーズ缶バッジ(公式)が登場。イラストを手がけるのはお馴染み「みふねたかし」氏

現実世界からインターネットと幅広い場所で使われ、すっかりお馴染みの存在となった「いらすとや」のイラスト。 そんな「いらすとや」のイラストを手掛ける「みふねたかし」氏とスター・ウォーズがコラボしたトレーディング缶バッジがまさかの登場を果たしました。 この缶バッジはVol.1とVol.2の2種類のラインナップがあり、それぞれ全10種。どれが出るかはランダムですが、10個入りの1BOXを購入すれば全種類を手っ取り早くコンプリート可能です。 なぜ缶バッジなのにLINEスタンプ風なのかはよくわかりません。 コトブキヤのホームページによれば2019年11月に販売予定となっており、価格は350円+税。なお2019年11月22日から24日に幕張メッセ9・10・11ホールで開催される「東京コミコン2019」で先行販売もされるとのことです。

「名探偵ピカチュウ」のDVD &ブルーレイが発売。更にあの「しわしわピカチュウ」のぬいぐるみも

ポケモンシリーズ初となる実写映画「名探偵ピカチュウ」のBlu-ray&DVDセットの発売日が2019年10月30日に決定しました。 バージョンは通常版と豪華版の2種類があり、豪華版は本編のDVD/Blu-rayディスクに加え、特典Blu-rayディスクや封入特典を加えたその名の通りの豪華版。通常版は本編DVD/Blu-rayに一部特典映像がついたものとなっています。(公式サイトより) 通常版 豪華版 価格は通常版は4000円(税別)豪華版が6800円(税別) さらに同日2019年10月30日に、あの話題となった「しわしわピカチュウ」を模した「しわしわ顔のぬいぐるみ」も全国のポケモンセンター及びポケモンセンターオンラインにて2000円(税別)で発売されるとのこと。

話題となった「ライザのアトリエ」の主人公「ライザ」こと「ライザリン・シュタウト」のフィギュアが2020年6月登場

イラストレーターの「トリダモノ」氏がデザインし、インターネットで話題をかっさらった「ライザ」こと「ライザリン・シュタウト」のフィギュアが2020年6月に登場します。 細かな装飾類はもちろんあの「太もも」もバッチリと再現されています。 価格は18,800円+税、発売時期は2020年6月を予定しています。 公式ページの説明

ねんどろいどに「ブレス オブ ザ ワイルド」のゼルダが登場。更にリンクの再販も決定

デフォルメされたキャラクターでお馴染みの「ねんどろいど」に「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の「ゼルダ」が新たにラインアップされました。公式ページによれば発売は2020年1月予定。 交換用表情パーツは「通常顔」、「笑顔」、「怒り顔」の3種のパーツが付属。オプションパーツはゼルダの愛馬でもある「王家の白馬」と「シーカーストーン」、そしてウツシエの記憶で「さあ!」とリンクに差し出していた「ゴーゴーガエル」の3種類が付属します。 更に「ねんどろいど リンク ブレス オブ ザ ワイルドVer.」も再販決定。こちらも公式ページによれば発売時期は2020年1月とのこと。ゼルダと一緒に並べれば、色々なシチュエーションが実現しそうです。

スマートフォンが懐かしの60年代風TVに。タカラトミーの「昭和スマアトテレビジョン」

本日9月10日はカラーテレビの本放送が開始された日。タカラトミーはそんな日にちなんだアイデア玩具「昭和スマアトテレビジョン」を公式Twitterアカウントにて紹介しました。 この「昭和スマアトテレビジョン」は、60年代のTVを再現した単なるおもちゃではありません。スマートフォンをこの中にセットし専用アプリを用いることにより、まるで昔のテレビのような映像を楽しむことが出来るのです。更にダイヤルは飾りではなく動作し、チャンネルを切り替えることも可能となっています。 https://youtu.be/TPbXq4yGbek 「昭和スマアトテレビジョン」はタカラトミーの公式ページからも購入可能。価格は4298円となっています。 もはや誰もが持っていると言っても過言ではない小さなディスプレイであるスマートフォン。それをテレビに見立てて遊びに生かすという発想には「お見事」と言わざるを得ないでしょう。

ポケモンBWの美しき人気キャラクター「カミツレ」がフィギュア化。2020年4月以降順次発送予定

あの人気ジムリーダーの「カミツレ」が遂にフィギュア化。ポケモンセンターは公式オンラインストアにて「フィギュア カミツレ&エモンガ」の商品ページを公開しました。デザインは人気の高いBW2のもの。 本製品は受注販売品で、注文受付期間は期間は明日8月31日10時から10月31日23時59分まで。2020年4月以降順次発送予定で価格は13,200円(税込)となっています。

出前仕様のスーパーカブの1/12スケールモデルが登場。出前機と岡持ちも付属

1958年から現在に至るまで製造され続け、実に1億台以上も販売されたという2輪車の大ベストセラー、スーパーカブが1/12のモデルになって青島文化教材社から発売されます。全て完成済みで、発売日は8月を予定、価格は2800円(税抜)となっています。 ちなみにスーパーカブの「カブ」は、野菜のカブではなく猛獣の子供を意味する「cub」が由来なんだとか。 出前仕様なので当然出前機と岡持ち(料理屋食器を運ぶための箱)も付いてきます。ちなみにこの出前機はマルシン製のもので、写真を見てもわかるように空気ダンパーのサスペンションが付いており、これによって揺れや衝撃を和らげる工夫がなされています。 ちなみに仕様は以下の通りです。 ・ボディカラー:グリーンメタリック・スケール:1/12(全長:約150mm) ・素材:本体/ダイキャスト、ABS タイヤ/ゴム ・ パッケージサイズ:217×165×95mm(幅×高さ×奥行)・台座付 ・LCDモデル製

高さ32cmの巨大ピカチュウも。「メガコンストラックス」シリーズにポケモン関連の商品が続々と登場

マテル・インターナショナルがブロック玩具「メガコンストラックス」シリーズのポケモン関連商品を6月下旬〜8月下旬にかけて順次発売すると発表しました。ラインアップは以下の全7種類です。 メガコンストラックス ジャンボ ピカチュウ こちらは完成するとなんと全長32cmの巨大なピカチュウが出来上がるセット。しかも可動部分があってポーズをとらせることも可能だとか。価格は7,000円(税別) で発売日は8月下旬ごろを予定しています。 メガコントラックス イーブイ 進化コレクション こちらは通称「ブイズ」と呼ばれるイーブイとその進化系8匹のセット。価格は8,000円(税別)で発売日は7月下旬を予定しています。

ハイクオリティな付録で話題の小学館の雑誌「幼稚園」、7月号の付録は「セブンティーンアイスじはんき」と紙製の実物大アイス

毎回ハイクオリティな付録が付いてくることが話題となっている小学館の雑誌「幼稚園」、6月1日に発売予定の7月号の付録はグリコが展開するアイスクリームの自動販売機「セブンティーンアイス」をモチーフにしたものとなっています。 https://twitter.com/youchien_hensyu/status/1134291829967413248 付録は2種類で、組み立て式でボタンを押すとアイスが出てくる「セブンティーンアイスじはんき」と、本物のスティックと紙で1/1スケールのサイズでアイスを再現した「じつぶつだいセブンティーンアイス」が付属します。 ちなみに 雑誌「幼稚園」は冒頭でも述べた通り、ハイクオリティな付録で話題を掻っ攫っている児童向け雑誌。このハイクオリティ付録路線は成功しており、縮小気味と言われる出版業界でヒットを放ち、中には付録目当てで購入するという大人も現れるほど。 https://twitter.com/oha4newslive/status/1126691400311926785

人気ポケモン「イーブイ」と「たまごっち」がコラボ。コラボ商品「イーブイ×たまごっち」が発売予定

バンダイは2018年11月21日、「ポケットモンスター」シリーズの人気ポケモンである「イーブイ」と同社の人気商品である「たまごっち」とのコラボ商品、「イーブイ×たまごっち」を発表しました。(公式ページ) この商品は前述の通りイーブイとたまごっちのコラボ商品。イーブイのたまごを育て、イーブイやその進化系達にポケモン用の食料である「ポケモンフーズ」を与えたり、毛玉をブラッシングして取り除いたりしてイーブイの世話をすることができます。 更にお世話の仕方などの条件でイーブイは8種類の進化系のいずれかに進化するという。これはお世話の仕方によってキャラクターの育ち方が変化する本家たまごっちと同じシステムで、8種類のポケモンに進化するイーブイの生態ともマッチしています。なお、お世話を怠ると本家のように死んでしまうということはありませんが、モンスターボールを残し去ってしまいます。 イーブイはピカチュウと同じく作中でも屈指の人気を誇るポケモン。不安定な遺伝子を持ち様々姿に変化する可能性を秘めた「しんかポケモン」です。 進化系は、ほのおタイプの「ブースター」、みずタイプの「シャワーズ」、でんきタイプの「サンダース」、エスパータイプの「エーフィ」、あくタイプの「ブラッキー」、こおりタイプの「グレイシア」、くさタイプの「リーフィア」、フェアリータイプの8種類が存在し、こちらもファン達の間では人気を誇っています。  イーブイ×たまごっちは2019年1月26日土曜日に発売予定。価格は2484円(税込)となっています。
- Advertisement -

Latest News

「ストリートファイター」シリーズの必殺技「竜巻旋風脚」を実際にするには時速107キロ必要。ケンブリッジ大学の学生が算出

「ストリートファイター」シリーズの必殺技に「竜巻旋風脚」(たつまきせんぷうきゃく)というものがある。これは空を飛びつつ前進しながら回し蹴りをするという必殺技だ。 この技を実際に出したらどうなるのだろう?と考えたことはないだろうか? 勢い良く飛びながら相手に蹴りを入れるという技は現実の格闘技にもあり、一見実現可能なようにも思える。だが結論から言うと実際にこの技を出すことは不可能だ。なぜならこの技を実現するのには時速67マイル(107キロの)速力が必要だからだ。 この答えを導き出したのは、英国のケンブリッジ大学で工学を学ぶオサレンコ・オグバイド(Osarenkhoe Ogbeide)氏。彼は友人と「ストリートファイター」を遊んでいた際、リュウが空中を平行移動する姿が気になりこれを実現可能か調べることにしたという。(参照)
- Advertisement -

TGA 2019に元任天堂のレジー氏がプレゼンターとして登場

日本時間の2019年12月13日午前10時30分に開催予定の「The Game Awards 2019」(TGA 2019)。にプレゼンターとして任天堂の米国法人の元名物社長である「レジー」ことレジナルド・フィサメイ氏がプレゼンターとして登場することが明らかになりました。 レジー氏は2019年4月以降の退職後も何かと話題の尽きない人物で、マイクロソフトのゲーム「Gears5」に実績名が登場したことも話題になりました。 https://twitter.com/thegameawards/status/1204135567635574784 その他にも「マペット放送局」のドクターブンセンもプレゼンターとして登場予定です。

PS4版「マインクラフト」がようやくクロスプレイと統合版に対応。他機種とも一緒に遊べる

あれから約1年、ソニーのクロスプレイを許可しない方針が改められ、「Minecraft: PlayStation 4 Edition」が「Bedrock Edition」(BE版、統合版とも)へとアップデートされました。 これにより他機種とのクロスプレイも解禁。販売元であるマイクロソフトはこれに伴いPS4版とNintendo SwitchやXbox Oneのユーザーが一緒にプレイできることをアピールした映像も公開しました。 https://youtu.be/jzLPWRhsVLg なお統合版「マインクラフト」は他機種と同様に起動したときに自動的にアップデート&インストールされ、無料で提供されるとのこと。また無料アップデートの有効期限は存在せず、今後発売されるアイテムなどはすべて統合版用になるとのこと。

年末のゲーム業界表彰式「TGA 2019」で未発表のものを含む10本の新作ゲームが発表。ジェフ・キーリー氏が答える

毎年12月に開催され、その年のゲーム業界の功績を称える表彰式「The Game Awards」(TGA)。本式典は授賞式でありながら発表の場も兼ねており、昨年2018年には「大乱闘スマッシュブラザーズ Special」のDLCファイターが初めてお披露目されました。 12月13日の開催を控えた9日、その司会を務めるジェフ・キーリー(Geoff Keighley)氏が海外掲示板「Reddit」(レディット)にスレッドを作成し、海外ネット住民の質問にいくつか答えました。 キーリー氏は未発表のものを含めば含めれば10本ほどの新しいゲームなどが発表されると回答したほか、「今回のショーの内容はリークされておらず、多くのリークは間違っている」と述べ、噂されている「バイオハザード3」のリメイクの発表について暗に否定しました。 なおThe Game Awards 2019は日本時間の2019年12月13日午前10時30分より開催予定です。何が発表されるか楽しみに待っておきましょう。

オープンワールドゲームのNPCがある日突然主人公になる映画「Free Guy」が海外で来年夏公開

オープンワールドゲームのNPCが突然主人公になる。そんなありそうでなかった?映画が発表されました。 舞台となるのは「GTAオンライン」のような犯罪が多発しまくる世紀末な街。ライアン・レイノルズ氏の演じる主人公の「ガイ」(Guy)は毎日同じ服を着て、凶悪犯罪の多発するこの街を何食わぬ顔で通り抜け職場へと通います。 しかしたまたま入ってきた銀行強盗(プレイヤー)に反撃したことから転機が訪れます。なんと自分がいたのはゲームの世界。強盗から奪ったサングラスをかけると今まで見えなかったUIやアイテムなどが目の前に広がります。