水曜日, 12月 11, 2019

ファイナルファンタジー

ゲームが作れるゲーム「Dreams Universe」でFF7のボス戦をリメイクするユーザーがあらわる

ほならね、自分が作ってみろって話でしょ? 現在アーリーアクセス版がPS4向けに販売されている「ドリームズ・ユニバース」(Dreams Univers)でFF7のボス戦を再現するユーザーが現れました。 このリメイクを作成したのはTwitterユーザーのフィグバーン(Figburn)氏。クラウドら一行はリメイク前のオリジナル版のようなデフォルメ風ですが、全体的なゲームシステムはリメイク版をベースにしており、UIやダメージを表す数字まできっちりと作っているという手の込み具合が動画からも分かります。 https://twitter.com/figburn/status/1151912447529431042 「ドリームズ・ユニバース」というゲームはざっくり言うと「ゲームを作れるゲーム」で、モデルや音楽、モーションなどが全部自作でき、3Dなゲームはもちろんのこと、2Dな横スクロールアクションも作れてしまうという大変自由度の高いゲーム。過去には初代「メタルギアソリッド」を再現したユーザーや「スター・ウォーズ」を題材にしたシューティングを作ったユーザーも存在しています。 ただ自由度が高いぶん覚えることも多く大変ですが…因みに他人の作った作品をダウンロードすることも可能なので、まずは人の作品をアレンジしてみるのもいいかもしれません。

「FF7 リメイク」のXbox One版が誤って「発表」されてしまう。XboxのSNS部門は内部のミスだと謝罪し投稿を削除

先日7月10日、Xboxドイツの公式FacebookアカウントがXbox One版「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」の発売日を掲載した動画を投稿し、海外のインターネット上で話題となりました。それによれば発売日はPS4版と同じく3月3日となっています。 投稿はすぐに削除されたものの、インターネット上では多くのコピーが拡散されている状況で、さらにこの騒動に対しXboxドイツのコミュニケーション・SNS部門代表のマクシー・グラッフ(Maxi Gräff)氏が「SNSチームの内部ミスです。動画はすぐに削除しました。申し訳ありません。Xboxからの発表はありません。心よりお詫びします」と謝罪する事態にまで発展しています。 https://twitter.com/GMaxee/status/1148899884151562240 なお現状「FF7 リメイク」は(公式には)PS4以外の機種での発売は発表されていません。が、少なくともこのような告知まで作っていて発売しないというのはあり得ないので、近々公式な発表があるかもしれません。あり得るとすれば8月にドイツで開催される欧州最大のゲームイベント「Gamescom」(ゲームズコム)でしょうか?

リメイク版「FF7」の戦闘シーンやボス戦を収録したムービーが公開。ATBケージとキャラの切り替えを駆使して闘う

2020年3月3日に発売が決定したリメイク版「ファイナルファンタジーⅦ」、そんな本作のバトルシーンとボスである「ガードスコーピオン」との戦いを収録したムービーが4Gamerによって公開されています。 https://youtu.be/4Cu6W-_fuVo 動画ではE3会場で試遊者への説明として流されていた説明動画と試遊のボスである「ガードスコーピオン」との戦いを収録したものとのことで、リアルタイムなアクションバトルの要素と「ATBゲージ」と「タクティカルモード」によるコマンド選択式バトルの要素を合わせた本作の戦闘システムや、敵との距離や状況に応じて操作キャラの切り替えを行っている様子を見ることができます。 さらに同メディアによって動画のプレイのレポートも執筆されているので、興味のある方はこちらもどうぞ。

「FF7」のリメイクを待ちきれない海外ユーザーが女装した主人公「クラウド」の画像を作り上げる

今月5月10日の「State of Play」にて「FF7」リメイクの新トレイラーが久々に公開され、国内外のゲームコミュニティから大きな関心が寄せられた。しかしながら初出展であるE3 2015から4年近くの年月が経とうとしているにも関わらず、未だ決まらない発売時期に痺れを切らすファンも少なくはない。 そんな中、リメイクを待ちきれないファンの一人が主人公「クラウド」が女装した姿を海外掲示板「Reddit」に投稿した。 Redditの投稿 https://www.reddit.com/r/gaming/comments/bnvoey/cant_wait_for_the_remake/ このクラウドの「女装」は、ゲーム序盤で女性しか入れない場所に行ってしまったある登場人物に接触するため、ヒロインであるエアリスに「クラウド、女の子に変装しなさい。それしかない、うん。」と言われ、強制的にさせられることになる。その際見た目も紫色のドレスを着た三つ編みの姿になる。 女装イベントもリメイク リメイク版「FF7」は近代の「ファイナルファンタジー」と同じくリアルなキャラクターデザインで、なおかつ原作よりも頭身の高くなったことを理由に「リメイク版ではこのイベントが削除されるのでは」と危惧する声もあったが、このイベントもしっかりとリメイクされることが過去のインタビューで明らかになっている。(参考) 画像は違和感なく三つ編みがつけられていたり、メイクや胸の「谷間」までしっかりと作られており、やたらとクオリティも高い。スレッドでは「柔らかく煌めいている」という投稿や、「最初のディスクで(FF7はCD2枚組となっていた)一番好きなシーンだ」と、思い出を振り返る声や、「胸があるの?」といった投稿が寄せられており、比較的好評を博している。

「グランド・セフト・オートV」にFFXVの「ガーディナ渡船場」を追加するMODが登場

国内外で大ヒットを記録した人気オープンワールドゲーム、「グランド・セフト・オートV」(以下:GTA V)、本作のPC版には様々な「MOD」が存在していて、キャラクターや車を他のモデルに置き換えるものや、笑えるユーモラスなもの、さらにはマップ上に新たな場所を追加してしまうMODなどまであり、遊びの幅を大いに広げてくれています。 そんなGTA VのMODに先日「ファイナルファンタジーXV」(以下:FFXV)の「ガーディナ渡船場」(英名:Golden Quey、ゴールデン・キー、黄金の波止場)を丸々追加してしまうというMODが登場しました。導入方法については各自ググってください。 このMODを導入すると「パシフィック・ブラフス」(ベスブッチ・ビーチを右に進んだところ)の近くにガーディナ渡船場が登場、あの無駄に長い桟橋もバッチリ再現されています。少し桟橋が高すぎるのが惜しいですが。 もちろん再現しているのは外観だけではなく、FFXVを遊んだことのある方ならニヤリと出来るほどの再現度となっていますし、もちろん夜になればちゃんと明かりも点ります。 長い桟橋を抜けてまず目に入るのはレストラン。座席はもちろん中央の丸いカウンターや調理台も再現。調理する料理人の姿も。原作ではここで海鮮料理を食べたりモンスターの討伐依頼を受けたりできました。

最後の「FFXV」追加コンテンツ「エピソードアーデン」を紹介。ビル街を駆け抜け過去への復讐を果たす。

本日3月26日より「ファイナルファンタジーXV」(以下:FFXV)最後となる追加エピソード「エピソードアーデン」が追加されました。価格はSteam版が1000円(税込)、PS4/XBOX One版が972円(税込)となっています。 物語の主な部分は本編から32年前の王都「インソムニア」で進められますが、アーデンがかつてふつうに暮らしていた2000年前や、それ以前の物語も語られています。 ゲーム部分は「FFXV」本編をベースとしていますが、独自の要素も多数加えられており本編とはまた違う体験を楽しむことが可能です。 マップには全部で7つのエリアがあり、これらを全て制圧することが目的となっています。エリアを制圧することで周辺の情報が開示され、さらに敵が弱体化するなどして探索がしやすくなるというUbisoft製タイトルや「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のシーカータワーに近い仕様となっています。 移動面では「シャドウムーブ」と呼ばれる能力を使ってビルの上や街中を自由に駆けめぐれるシステムが存在しており、これによって立体的にマップを探索できます。本編における「マップシフト」をいつでも使えると説明すれば分かりやすいでしょうか。 戦闘システムは基本的には本編と同じく「武器召喚」や「シフトブレイク」を駆使して敵と戦うのですが、「シガイ」の力で敵を一撃で「シガイ化」させ戦闘不能にする能力もあってか雑魚敵との戦闘は比較的スムーズに。さらにHPが0になると凶暴化した状態になり、武器が使えなくなりMP全回復まで最大HPは減少しますが、強力な攻撃を出すことが可能です。

「ファイナルファンタジーXV」が発売初日で販売本数500万本を突破

歴代の「ファイナルファンタジー」シリーズの中でも最速。 2016年12月1日、スクウェア・エニックスは先週2016年11月29日に全世界で発売した「ファイナルファンタジーXV」(FFXV)の販売本数が発売初日で500万本を突破したことを発表しました。 FFXVはファイナルファンタジーシリーズとして初めて全世界同時発売を実現し、日本では発売初日のダウンロード販売本数の最多記録を達成しているとのこと。なおパッケージについては触れられてないため前作を超えてはいないようです。 また日本を除くアジア地域でも発売初日のパッケージ出荷とダウンロード販売の合計本数の最多記録を達成するなど、各地域でパッケージ・ダウンロードとも販売を順調に伸ばしていると発表されています。 これから年末商戦を控えておりまだまだ売り上げが伸びる余地はありますが、インターネット上では同作に対する不評も少なからず散見されており、どこまで売り上げが伸びるかは未知数です。
- Advertisement -

Latest News

「ストリートファイター」シリーズの必殺技「竜巻旋風脚」を実際にするには時速107キロ必要。ケンブリッジ大学の学生が算出

「ストリートファイター」シリーズの必殺技に「竜巻旋風脚」(たつまきせんぷうきゃく)というものがある。これは空を飛びつつ前進しながら回し蹴りをするという必殺技だ。 この技を実際に出したらどうなるのだろう?と考えたことはないだろうか? 勢い良く飛びながら相手に蹴りを入れるという技は現実の格闘技にもあり、一見実現可能なようにも思える。だが結論から言うと実際にこの技を出すことは不可能だ。なぜならこの技を実現するのには時速67マイル(107キロの)速力が必要だからだ。 この答えを導き出したのは、英国のケンブリッジ大学で工学を学ぶオサレンコ・オグバイド(Osarenkhoe Ogbeide)氏。彼は友人と「ストリートファイター」を遊んでいた際、リュウが空中を平行移動する姿が気になりこれを実現可能か調べることにしたという。(参照)
- Advertisement -

TGA 2019に元任天堂のレジー氏がプレゼンターとして登場

日本時間の2019年12月13日午前10時30分に開催予定の「The Game Awards 2019」(TGA 2019)。にプレゼンターとして任天堂の米国法人の元名物社長である「レジー」ことレジナルド・フィサメイ氏がプレゼンターとして登場することが明らかになりました。 レジー氏は2019年4月以降の退職後も何かと話題の尽きない人物で、マイクロソフトのゲーム「Gears5」に実績名が登場したことも話題になりました。 https://twitter.com/thegameawards/status/1204135567635574784 その他にも「マペット放送局」のドクターブンセンもプレゼンターとして登場予定です。

PS4版「マインクラフト」がようやくクロスプレイと統合版に対応。他機種とも一緒に遊べる

あれから約1年、ソニーのクロスプレイを許可しない方針が改められ、「Minecraft: PlayStation 4 Edition」が「Bedrock Edition」(BE版、統合版とも)へとアップデートされました。 これにより他機種とのクロスプレイも解禁。販売元であるマイクロソフトはこれに伴いPS4版とNintendo SwitchやXbox Oneのユーザーが一緒にプレイできることをアピールした映像も公開しました。 https://youtu.be/jzLPWRhsVLg なお統合版「マインクラフト」は他機種と同様に起動したときに自動的にアップデート&インストールされ、無料で提供されるとのこと。また無料アップデートの有効期限は存在せず、今後発売されるアイテムなどはすべて統合版用になるとのこと。

年末のゲーム業界表彰式「TGA 2019」で未発表のものを含む10本の新作ゲームが発表。ジェフ・キーリー氏が答える

毎年12月に開催され、その年のゲーム業界の功績を称える表彰式「The Game Awards」(TGA)。本式典は授賞式でありながら発表の場も兼ねており、昨年2018年には「大乱闘スマッシュブラザーズ Special」のDLCファイターが初めてお披露目されました。 12月13日の開催を控えた9日、その司会を務めるジェフ・キーリー(Geoff Keighley)氏が海外掲示板「Reddit」(レディット)にスレッドを作成し、海外ネット住民の質問にいくつか答えました。 キーリー氏は未発表のものを含めば含めれば10本ほどの新しいゲームなどが発表されると回答したほか、「今回のショーの内容はリークされておらず、多くのリークは間違っている」と述べ、噂されている「バイオハザード3」のリメイクの発表について暗に否定しました。 なおThe Game Awards 2019は日本時間の2019年12月13日午前10時30分より開催予定です。何が発表されるか楽しみに待っておきましょう。

オープンワールドゲームのNPCがある日突然主人公になる映画「Free Guy」が海外で来年夏公開

オープンワールドゲームのNPCが突然主人公になる。そんなありそうでなかった?映画が発表されました。 舞台となるのは「GTAオンライン」のような犯罪が多発しまくる世紀末な街。ライアン・レイノルズ氏の演じる主人公の「ガイ」(Guy)は毎日同じ服を着て、凶悪犯罪の多発するこの街を何食わぬ顔で通り抜け職場へと通います。 しかしたまたま入ってきた銀行強盗(プレイヤー)に反撃したことから転機が訪れます。なんと自分がいたのはゲームの世界。強盗から奪ったサングラスをかけると今まで見えなかったUIやアイテムなどが目の前に広がります。