金曜日, 12月 13, 2019

FFXV

春だ!GWだ!セールだ!Steamゴールデンウィークセールが開催、5月7日午前3時まで

先週、先々週とイマイチ魅力的なラインナップが無かったSteamセールですが、今回はゴールデンウィークセールと合わさり、大作タイトルや魅力的なタイトルが数多く揃っています。ただしGWという日本独自の行事なためか、いわゆる「洋ゲー」は殆どありません(あるのはUbiのVRゲームくらい)。セールはどちらも日本時間の5月7日午前3時まで(太平洋時間5月6日午前10時)の1週間限定。価格は全て税込です。 注目タイトルをご紹介 早速注目タイトルをご紹介していきます。まずは「バイオハザード」シリーズから。絶賛発売中の最新作である「バイオハザード RE:2」は34%オフの5148円、「Z Ver」も同じく5148円、すべてのダウンロードコンテンツを追加した「デラックス版」も25%オフの6600円から。さらにゲームシステムを従来から刷新し、サバイバルホラーとして高い評価を得た「バイオハザード7」は、全ての追加コンテンツを同梱した「ゴールドエディション」が50%オフの2458円に。そのほか「6」が75%オフの747円、「5」も同様に75%オフの497円となっています。 カプコンからは他にも「モンスターハンター ワールド」が34%オフの3953円、「デッドライジング」シリーズが追加コンテンツ含め50%〜70%オフとなっています。 バンダイナムコからは評価の高い3タイトルをピックアップ。まずは「空の革新」をテーマに新たな空を描き、所属部隊を転々としながら混乱に包まれるユージア大陸を駆ける「エースコンバット7・スカイズ・アンノウン」は33%オフの5499円。 SNSなどで自由度の高いキャラクリが話題となった、高い駆け引きも魅力の対戦格闘ゲーム「ソウルキャリバー6」は価格設定ミスったのかな?と言いたくなるような、バンナムらしからぬ66%オフの2790円。あの「ウィッチャー」シリーズの主人公、ゲラルドもゲストとして参戦しています。

「グランド・セフト・オートV」にFFXVの「ガーディナ渡船場」を追加するMODが登場

国内外で大ヒットを記録した人気オープンワールドゲーム、「グランド・セフト・オートV」(以下:GTA V)、本作のPC版には様々な「MOD」が存在していて、キャラクターや車を他のモデルに置き換えるものや、笑えるユーモラスなもの、さらにはマップ上に新たな場所を追加してしまうMODなどまであり、遊びの幅を大いに広げてくれています。 そんなGTA VのMODに先日「ファイナルファンタジーXV」(以下:FFXV)の「ガーディナ渡船場」(英名:Golden Quey、ゴールデン・キー、黄金の波止場)を丸々追加してしまうというMODが登場しました。導入方法については各自ググってください。 このMODを導入すると「パシフィック・ブラフス」(ベスブッチ・ビーチを右に進んだところ)の近くにガーディナ渡船場が登場、あの無駄に長い桟橋もバッチリ再現されています。少し桟橋が高すぎるのが惜しいですが。 もちろん再現しているのは外観だけではなく、FFXVを遊んだことのある方ならニヤリと出来るほどの再現度となっていますし、もちろん夜になればちゃんと明かりも点ります。 長い桟橋を抜けてまず目に入るのはレストラン。座席はもちろん中央の丸いカウンターや調理台も再現。調理する料理人の姿も。原作ではここで海鮮料理を食べたりモンスターの討伐依頼を受けたりできました。

最後の「FFXV」追加コンテンツ「エピソードアーデン」を紹介。ビル街を駆け抜け過去への復讐を果たす。

本日3月26日より「ファイナルファンタジーXV」(以下:FFXV)最後となる追加エピソード「エピソードアーデン」が追加されました。価格はSteam版が1000円(税込)、PS4/XBOX One版が972円(税込)となっています。 物語の主な部分は本編から32年前の王都「インソムニア」で進められますが、アーデンがかつてふつうに暮らしていた2000年前や、それ以前の物語も語られています。 ゲーム部分は「FFXV」本編をベースとしていますが、独自の要素も多数加えられており本編とはまた違う体験を楽しむことが可能です。 マップには全部で7つのエリアがあり、これらを全て制圧することが目的となっています。エリアを制圧することで周辺の情報が開示され、さらに敵が弱体化するなどして探索がしやすくなるというUbisoft製タイトルや「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のシーカータワーに近い仕様となっています。 移動面では「シャドウムーブ」と呼ばれる能力を使ってビルの上や街中を自由に駆けめぐれるシステムが存在しており、これによって立体的にマップを探索できます。本編における「マップシフト」をいつでも使えると説明すれば分かりやすいでしょうか。 戦闘システムは基本的には本編と同じく「武器召喚」や「シフトブレイク」を駆使して敵と戦うのですが、「シガイ」の力で敵を一撃で「シガイ化」させ戦闘不能にする能力もあってか雑魚敵との戦闘は比較的スムーズに。さらにHPが0になると凶暴化した状態になり、武器が使えなくなりMP全回復まで最大HPは減少しますが、強力な攻撃を出すことが可能です。
- Advertisement -

Latest News

クルマでバトロワ!?「Forza Horizon 4」に新ゲームモード「エリミネーター」が登場

「フォートナイト」や「Apex Legends」などのバトロワゲームの人気は凄まじいですね。あの「コールオブ・デューティ」や「バトルフィールド 」にもバトルロイヤルが導入されるほどですから! そんなブームに影響された(?)のか、オープンワールドレースゲーム「フォルツアホライゾン4」にもバトロワモード「エリミネーター」(Eliminator)が登場を果たしました。 https://twitter.com/ForzaMotorsport/status/1204845808732065792 なんと同モードでは最大72人のプレイヤーが参加可能。これは本編レースの12台の6倍の数字です。
- Advertisement -

マクドナルドの商品画像はCGで作られていた。3DS MaxとZblushを駆使して作成

広告写真などで映されている食べ物は美味しそうな“画”にするために様々な工夫が凝らされていますが、最近のマクドナルドではなんと商品写真の食べ物自体がCGで作られているという衝撃的な事実が明かされています。 このプロダクトショットを手掛けたCGクリエイターのMonkeys氏によるメイキング映像によれば、これらの食べ物は全て3DCGソフト「Zblush」や「3DS Max」上で作られているとのこと。 https://vimeo.com/253986205 ポテトやビッグマックなどはZblushを用いて作られていて、質感はノイズメーカーで設定しています。

なんで!?擬人化した武器と時に冒険し、時にはデートする奇妙なアクションゲーム「Boyfriend Dungeon」が2020年登場

近年では何から何に至るまで「擬人化」される流れが出来てしまい、それを題材にしたゲームも国内外で少なからず出ていますが、この「ボーイフレンド・ダンジョン」(Boyfriend Dungeon)は他のそれらとはちょっと変わっています。 一見普通の見下ろし型のハックアンドスラッシュ(ハクスラ)ゲームのようにも見えますが、なんとプレイヤーの所持している武器はそれぞれ異なる人間の姿に変化し、ある時は恋愛アドベンチャーのようにデートすることも可能になっています。 公開時点ではキャラクターは先ほどのレーザーソードの「セブン」(Seven)に加え、エストック(ヨーロッパで使われた刀剣の一種)の「アイザック」(Isacc)、タルワール(アラブの刀剣)の「サンダー」(Sunder)、そしてグレイブ(槍の穂先を剣状にしたような形状の棹状武器)のソーヤー(Sawyer)、唯一の女性であるダガーナイフの「ヴァレリア」(Valeria)が登場しています。 「アイザック」(Isacc)

「ストリートファイター」シリーズの必殺技「竜巻旋風脚」を実際にするには時速107キロ必要。ケンブリッジ大学の学生が算出

「ストリートファイター」シリーズの必殺技に「竜巻旋風脚」(たつまきせんぷうきゃく)というものがある。これは空を飛びつつ前進しながら回し蹴りをするという必殺技だ。 この技を実際に出したらどうなるのだろう?と考えたことはないだろうか? 勢い良く飛びながら相手に蹴りを入れるという技は現実の格闘技にもあり、一見実現可能なようにも思える。だが結論から言うと実際にこの技を出すことは不可能だ。なぜならこの技を実現するのには時速67マイル(107キロの)速力が必要だからだ。 この答えを導き出したのは、英国のケンブリッジ大学で工学を学ぶオサレンコ・オグバイド(Osarenkhoe Ogbeide)氏。彼は友人と「ストリートファイター」を遊んでいた際、リュウが空中を平行移動する姿が気になりこれを実現可能か調べることにしたという。(参照) オグバイド氏は英国人男性の平均身長と体重などの必要なデータを集め、いくつかの計算式を用いて速度を計算、時速67マイルの前進速度が必要であると導き出した。なおこの論文のPDFは海外の論文サイト「リサーチガイド」で公開されている。

TGA 2019に元任天堂のレジー氏がプレゼンターとして登場

日本時間の2019年12月13日午前10時30分に開催予定の「The Game Awards 2019」(TGA 2019)。にプレゼンターとして任天堂の米国法人の元名物社長である「レジー」ことレジナルド・フィサメイ氏がプレゼンターとして登場することが明らかになりました。 レジー氏は2019年4月以降の退職後も何かと話題の尽きない人物で、マイクロソフトのゲーム「Gears5」に実績名が登場したことも話題になりました。 https://twitter.com/thegameawards/status/1204135567635574784 その他にも「マペット放送局」のドクターブンセンもプレゼンターとして登場予定です。